適応例 ~頭痛(ずつう)~

耳の針とマッサージ療法で治療します。
場合により低周波療法も必要となります。 

全身の血流と脳の血流を改善します。

但し 、湿布や鎮痛消炎剤等、痛み止めを併用している場合は、なかなか効果が現れませんので注意が必要です。 (その理由は→肩こりのページを参照ください)

適応例 ~変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)~

耳の針とマッサージ療法で治療を行います。

耳で治療を行いますので、治療中から痛い所を動かすことが出来ますので、その場で痛みが無くなってゆくことも良くわかり納得の出来る治療法です。

但し 、湿布や鎮痛消炎剤等、痛み止めを併用している場合は、なかなか効果が現れませんので注意が必要です。 (その理由は→肩こりのページを参照ください)

適応例 ~坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)~

耳の針とマッサージ療法を行います。

痛い腰を動かさず、座ったままで治療できることをとても喜んでいただいています。 

全身の血流と疾患部位の血流、そして脳の血流改善を行います。坐骨神経痛は、整形外科等でも、とても厄介にしている疾患の1つです。

但し 、湿布や鎮痛消炎剤等、痛み止めを併用している場合は、なかなか効果が現れませんので注意が必要です。 (その理由は→肩こりのページを参照ください)

適応例 ~肩こり(かたこり)~

耳の針とマッサージ療法で治療を行います。

治療中から患部を動かすことが出来ますので、その場で痛みが無くなってゆくことも良くわかり、その場で納得のしやすい治療法です。 

しかし、湿布や鎮痛消炎剤等、痛み止めを併用している場合は、なかなか効果が現れませんので注意が必要です。