健康寿命を全うしてポックリとあの世に行ける療法

あの田中角栄元首相の顔面神経麻痺を治したことで有名な若杉文吉医学博士が大変残念なことに先日心筋梗塞でお亡くなりになりました。 若杉博士は、ご自分の著書『240種類の病気を治す星状神経節ブロック療法』の中で健康寿命を全うできポックリとあの世に行けると記しております。 お亡くなりになったことをお嬢様からのお手紙で知ったのですが、若杉博士もご希望通りになれました。それに関しましては、お嬢様も心を慰めておりますと綴られたおりました。

因みに私の治療法を若杉博士にご覧いただき、“星状神経節ブロック療法と同様に脳の血流を良くしている 頑張りなさい”と励まされました。

博士は240種類に病気を治していますので、私の考案した塚見式耳鍼療法治療法にも同様の効果があるであろう事にに大きく希望を持てるようになってゆくことにとても胸を震わせたことを昨日のことのように記憶してます。

1か月ほど前、患者さん(70代 女性)が初めてお亡くなりになりました。 心臓麻痺です。安らかなお顔だったそうです。お亡くなりになる2日前にもお会いしたのですがとてもお元気そうでした。若杉博士と同じポックリとあの世に行けたのです。

ご主人からお聞きした時はお可愛そうでとても残念に思いましたが、ご主人から苦しんだ様子はなかったようです。それが一番の救いですと聞かされた時この治療を続けていた結果であると思いました。 この方が治療を始めるときの一番の希望は“元気になりたい!!”でした。

見るからに虚弱そうに見える女性でしたが、治療を重ねるたびに元気になり弱かった胃腸も丈夫になり食欲も出て少し体重も増えベストの体重に戻れました。

花粉症が治り髪も増えお肌も綺麗になりお顔から首・腕・手に目立つシミが数多くありましたがそのほとんどのシミが綺麗になり、夏に着れずにいた半袖でのオシャレができる様になった事をとても喜んでいただきました。

気になっていた腕の大きなシミを以前レーザーで焼いたそうですが、シミが消えたころにはレーザーで焼いた痕が一番目立つようになっていた位でした。

この治療法はアルツハイマーやがんに効果があることを経験しておりますので、健康寿命をまっとうしてポックリあの世に行けるように自分の治療ももっと続けたいと強く思っております。

症例(糖尿病からの両足のしびれ・異常感覚)~90才 男性 N氏~

5年前に糖尿病と診断され Hba1cが8.7でした。

その後色々なサプリメントを中心に食事制限・運動と薬の服用でHba1cが5.7(正常範囲)まで好転させ現在に至ります。

が、なかなか両足のしびれ足底の厚いスポンジ底のサンダルを履いているような異常感覚に悩み続けております。

何か所もの医者に行きましたが診断名も薬もありませんでした。

どこかに良いところはないか捜し当方が掲載されている本(糖尿病を自力だ治す最強療法・マキノ出版)のを見つけ来院を決意。

往復3時間の道のりをお一人でいらっしゃってます。

1回治療 両手両足が温かくなってきました。その場で好転反応が出て両足のしびれが強く感じてきました。

2回治療 両足のしびれがほとんどなくなり普段の生活がとても楽になりました。

3回治療 足底の厚手のスポンジのサンダルの様な底がとても薄くなりとても歩き易くなりました。足底全体にあった違和感が、今は指の付け根の部分だけの帯状になりました。 治療のたびに新しい効果を感じとても喜んでました。

効果の大きな治療器が準備でき 記憶力・集中力・想起力・運動能力アップ等の治療で公開します

22万人の色盲治療を達成した和同会目白メヂィカルクリニック(私が20年間勤務していた)で使われていたのと同じ治療器で多くの疾患にとても大きな効果がある治療器を準備できました。

そこのクリニックでは色盲色弱をはじめダウン症(IQアップ)や自閉症・アスペルガー・ADHD等の発達障害など治療法がないとされている症状や記憶力・集中力・想起力のアップ、つまり頭を良くする治療法にも大きな効果を挙げておりました。 同時に運動能力アップにも大きな効果を発揮してました。

そして、 ウツ・自律神経失調症・アトピーや花粉症などを始めとするのアレルギー性疾患などの免疫系の疾患にも大きな効果を上げておりました。

その治療システムが公開されました。

今回は色盲色弱と記憶力・集中力・想起力のアップと運動能力のアップ治療の為に活用するように考えております。

ご質問などありましたらどうぞお電話でお問い合わせ下さい。    

 料金:10.000円/60分間

症例 (自律神経失調症・発毛・肩こり・胃腸が弱いに効く)~70歳 女性N氏 東京都~

1回治療 治療中体がポカポカ暖かくなり肩こりも楽になりました。

今の私にぴったりした治療法!! もっと早くから知っていれば・・・・。

5回治療 髪が黒くなってきました。

6回治療 黒い髪が増えて腰も出て全体的にふんわりとしてきました。 嬉しい!!

わきが手術後に襲い掛かってきた予想だにもしていなかった16箇条もの大きなトラブルとその解決方法 そしてその後2箇条が増えて18箇条になりました ―術後臭で治療中の26歳・女性・Hさんの手記より―

手術をしたのは、第1回目がが2年8か月前です。まだまだ臭いがありましたので第2回目が1年8か月前です。

① 顔の皮脂の分泌が増えた。

② 顔にニキビがどんどんできる様になった。

③ 背中の皮脂臭がきつくなった。

④ 頭皮臭がきつくなった。

⑤ くしゃみ、鼻水がすごく出るようになった。全身の肌が荒れやすくなった。痒くなる。

⑥ 顔の毛穴が大きくなった。広がった。

⑦ むだ毛の生えるスピードが早くなった。剃った次の日なのにチクチクする。

⑧ 胸、臀部、足など脇以外の場所の汗の量が増えた。

⑨ 少し暑いだけでジンワリ背中に汗をかくようになった。

⑩ 鳥肌がすぐ立つようになった。

⑪ 顔がカーッと熱くなって赤くなるようになった。

⑫ 夏の暑い日、胸から上るムワッとした汗臭がするようになった。(柔道部の部室の中の様な臭い)

⑬ 腋毛が手術で開いた範囲の上下から生えるようになった。

⑭ 人とすれ違うと良い匂いや汗臭ささ、わきがや加齢臭など等色々な臭いを敏感に感じるようになった。

⑮ 全身の体毛が濃く太くなった。

⑯ わきがの手術の前より術後のほうが、周りにいる人がくしゃみ・鼻水・咳込み・鼻こすりをする人の範囲が広がった様に感じる。

        ここからが追加された2箇条です》

⑰ 汗をかいた後に特に陰部からの臭いが強くなりました。少し前かがみになるととても臭いが強く上がってくるのが判る様にようになりました。周りの人に気付かれるのではないかととても臆病になってます。そして下着の臭いももっと強烈になってきてます。

⑱ 陰毛がとても濃くなり1本1本が太くなり生える場所も広くなりました。

 

        《上記を拝見して “塚見のひとり言”》

わきが等の手術により汗腺を取り除くことで、新しく発症するお困りの上記症状が思いつくだけで18箇条にも上っております。

上記の文章を同じ悩みで治療中の他の方々にご覧いただいたところ皆さんも口を揃えて同じような体験をしていらっしゃいます。

それは、従来通り出せていた汗を出せなくなった(排泄が出来なくなった)ストレスにより交感神経の緊張状態が長くなり、《より一層老化を早めている?》結果ではないかと推察しております。

わきがの手術(わきがではない人が同様の手術を行った場合も)・ボトックス治療・レーザー治療・制汗剤を使用の場合も同様に体臭が強くなっていると感じている方が大勢治療にお越しになってます。

いまこれをご覧の貴方の症状は如何ですか? 当方の塚見式耳鍼療法は下記に明記してます通り、脳の血流を改善して多くの症状を改善する根本療法です。

従って、わきが・多汗や術後臭や加齢臭・体臭・口臭等の解決と同時に上記16箇条の症状にも適応し解決のお役に立ちます。 わきが・多汗は手術等で汗を止めるようにした後に発症した術後臭や代償性発汗等々に比べ、手術前のそのままの方が、早く良くなってます。

わきがの原因は、その当人がとてもナイーヴな為に起こると推察しております。とてもナイーヴな人がそうでもない人に比べ、少しのストレスでも交感神経の緊張が長時間続き、脇などのアポクリン腺からの発汗も同様に長い時間続く事で腋臭として発症するのです。

当方の問診票では、わきがの方に共通した不定愁訴(例えば、冷え症、乗り物酔い、疲れやすい、朝の寝起きが悪い等々)が他の方々の問診票に比べ自律神経系の愁訴が多くあります。

わきがを始めこれらの症状は、ストレス等によって悪くなった脳の血流を改善し、自律神経系・免疫系・内分泌系の中枢である視床下部がスムースに動けるようにして、自然治癒力を高めて病気を治す根本療法で良くなります。

従って、汗腺を取り除いたり働けなくしたりする療法は、わきがの根本療法ではなく、上記18箇条の症状にもありますように多くの後遺症・副作用等の発症にも繋がっているケースが多くあります。

後遺症や副作用等の無い悩の血流を改善する療法がわきがの症状を改善する根本療法となるのです。

申し遅れましたが、私共・塚見式耳鍼療法は脳の血流を改善して約180種類の症状に適応する根本療法です。 わきが・多汗症・術後臭・体臭・加齢臭・口臭等でお困りの方やそれ以外でのお悩みの症状でお困りの方も、どうぞ安全で副作用や後遺症の無い治療法をお選び下さい。