余計なことをクヨクヨ考えなくなり 積極的に動けるようになる 45歳 男性

耳鳴りで治療中の方です。

治療開始5~6回で耳鳴りの音は少し小さくなってきたせいもありますが、それより驚いているのは、耳鳴りをはじめ余計なことが気にならなくなりました。

今迄は仕事上の事でもたいしたことないことまで気にかかっていたのですが、そういうことが気にならなくなりとても楽になりました。

また考え方がとても前向きになってきました。

これらは、強迫観念の耳つぼと前頭前野の耳つぼと海馬の耳つぼを活用することでの相乗効果と考えてます。

塚見式耳鍼療法のセミナー開催のお知らせ 日時は2019.9.12. 13時から 19時

アスペルガーをはじめとする発達障害

アルツハイマー型認知症

うつ 統合失調症

自律神経失調症

色覚異常・色盲・色弱(色を見ているのは脳なのです)

インポテンス(ストレス性のもの)

あがり症

頭が良くなる・記憶力・集中力・思考力・想起力アップ 運動能力アップ

他、過度のストレス(働き過ぎ・悩み過ぎ等)が原因の諸症状

治療効果の概要

耳にある星状神経節の反射点を刺激し、ストレスで悪くなった脳の血流を改善し視床下部の働きをより良くし自然治癒力を賦活することで多くの症状に適応します。

視床下部は免疫系だけでなく自律神経系や内分泌系の中枢でもありますのでそれらに関する疾患にも適応します。

因みに星状神経節ブロック療法の権威である医師若杉文吉博士のご著書(著書名:星状神経節ブロック療法)には240種類の症状が列記しておりそれらに適応すると記されてます。

耳にある海馬の反射点を活用していることです。

脳の神経細胞とグリア細胞に分化する能力のある神経幹細胞が海馬周辺からあらわれて脳組織を再生していることが10年以上前からわかっております。

それにより、脳にできた傷や萎縮を修復することが出来それにより上記症状に適応します。 ホルモンの中ではストレスホルモンだけが脳の中へ入り込むことができるそうです。

 そのホルモンは海馬や扁桃体や前頭前野に多く集まり、傷をつけたり萎縮させたりしてます。

海馬が委縮しているとウツと診断されるのです。

海馬が93%萎縮していると言われた アルツハイマーの患者さんの治療を行っておりますが驚くことに効果が上がってます。

参加ご希望の方は、メールかお電話でお申し込みください。

詳細は、HPのセミナーのコーナーにあります

脚を細くする耳ツボを発見  第2弾 45歳 女性

以前も同じような効果がある耳ツボを発見し多くの方に喜んでいただきました。

1回で足首の周囲の長さが1.5センチ短くなった方もいらっしゃりました。

因みに今回のこの方は、1回の治療で膝から下の足の関節の骨の凹凸がわかる様になったとご主人に言われていた方です。

其の後目に見える変化を感じられませんでしたが、此のたびの新しい耳つぼは毎日のように変化を感じている様です。

むこうずね(弁慶の泣き所)の骨の輪郭がその日毎に解りやすくなってきてます。

骨を叩いた音も本来の骨を叩いている音に変ってきてます。

今迄は、骨の周りにしっかりお肉の様なものがかぶさっていたのが其の何か(その余分な水分の様なもの)がどこかへ行ってしまった様です。

と、とても嬉しそうに話してくれました。

新しい治療器でパーキンソンの初診治療を受けて  65歳 女性

10年前にパーキンソンに罹り、その後ずっと服薬しておりましたが手足の震えがまったく止まらずに困っていた方です。

初診治療中の手の震えが止まりとても驚いてました。

間もなく震えが出てきましたが、その即効性にお付添いの方共々驚いてました。

新しい治療器を4回受けて、リフトアップし人相が変わって見えました。 79歳女性

眼にも力が入りとても若く見える様になりました。

目標の一つが若返りたいことです。

眼の下のたるみによる皺を取りたいと言ってました。

因みに目力が強くなるには瞳の表面にある脂が潤沢にならなければいけません。

脂が少なくなるとドライアイになり当然目力も大きく減ります。

脂を分泌するところは、マイボーム腺と言い加齢や交感神経の過緊張で分泌が悪くなります。

加齢もストレスに入りますが、つまり交感神経の緊張を緩和してあげるとマイボーム腺の働きが良くなり目力に繋がります。

耳つぼにマイボーム腺を正常に働けるようになる部位があります。

体調が悪くなくても目ちからを付けることが出来ます。

女っプリも男っプリも上げることが出来ます。