塚見式脳機能創生療法とは

100年以上の健康寿命を持つための脳機能を創生する塚見式耳鍼療法

フランスの医学博士P・ノジェの発案した脳の耳つぼを活用して考案したオリジナル療法。

20万人の色覚異常の方々の治療を達成した目白メディカルクリニックに20年間在籍しているときにこの治療法の基礎を創りました。

1日2.000人を超える患者さんが来ている状況でしたのでこの治療法の希望者は後を絶たない位でした。

お陰様で私共の治療実績は延べで25万人を超えることが出来ました。

その折に大勢の患者さんに治療した効果を教えて頂いた結果を積み重ねて創り上げた治療法です。

【塚見式脳機能創生療法】と命名しました。 HPに掲載してある効果の症例は、全て患者さんから報告された事実です。

現在も、脳機能は解明されていない事が多くある状況です。

その為考えてもいなかった福音効果が後を絶たず、今もそうですが知識と経験不足の私には事実である結果を信じる事でした。

その後知り合いになれた若杉文吉医学博士や脳神経外科 ・内科の医師や薬剤師・獣医師や農学士の先生たちとお知り合いになり、多くのご教授を受けました。

中でも若杉医学博士は、あの田中角栄元総理の顔面神経麻痺を治したことでより有名におなりになった方です。

若杉医学博士は、脳の血流を良くする治療法で【星状神経節ブロック療法】という名称ですが、その治療法だけで240種類の病気を治していた方です。

私の治療を御立合い下さった若杉医学博士からは、塚見式耳鍼療法は先生の行っている『星状神経節ブロック療法と同じく脳の血流を良くしているから、頑張って続けて下さい』と励まして下さりました。

その後脳神経外科・内科の医師から紹介された書籍に海馬のことが記載されており、海馬は記憶の脳だけではなく、もっと素晴らしい機能があることを知ることが出来ました。

海馬が多くの症状に効果を発揮していた今迄の経験・事実を、理解し易くなりました。

塚見式耳鍼療法の治療効果は簡単に考えると二つに分けることができますます。

① 第一は、脳(勿論、海馬・視床下部を含む)の血流を良くする星状神経節の耳つぼ刺激です。

この耳つぼ自律神経系免疫系・内分泌系の中枢である視床下部の働きをより活発にします。

つまり皆様方がお困りのほとんどに症状に効果があります。

脳の血流を良くすることで、視床下部が、自然治癒力を賦活して病気を治します。

つまり【若返りの耳つぼ】です。

パーキンソン病等にも効果があります。

② 第二は、海馬の耳つぼです。

海馬の働きは、記憶だけではありません。

傷ついたり委縮した海馬自体を修復し、その働きを回復させ、同時にストレス等で傷ついたり萎縮した脳を修復します。

前頭前野の機能を回復して元の元気で【前向きに考える脳】を創る事にもなりま。

司令塔である脳が元気になると全身も元気になってゆきます。

海馬の具体的な治療効果は、アルツハイマー型認知症・血管性認知症・レビー小体型認知症やうつ病・統合失調症・発達障害そして集中力・記憶力の向上があり、経験上【若返り】にもより効果的に働きます。

【前向きになる】積極的でより楽しく健康寿命を全うできる様になります。

上記が、塚見式脳機能創生療法の主な働きであります。

※追記、この脳機能創生療法という表現は私が創った表現と思い込んでいた為、表現の仕方が間違ってなかったかを調べましたところ、既に学術用語で使われていた表現でしたので安心して使わせて戴いてます。