健康寿命を全うしてポックリとあの世に行ける療法

あの田中角栄元首相の顔面神経麻痺を治したことで有名な若杉文吉医学博士が大変残念なことに先日心筋梗塞でお亡くなりになりました。 若杉博士は、ご自分の著書『240種類の病気を治す星状神経節ブロック療法』の中で健康寿命を全うできポックリとあの世に行けると記しております。 お亡くなりになったことをお嬢様からのお手紙で知ったのですが、若杉博士もご希望通りになれました。それに関しましては、お嬢様も心を慰めておりますと綴られたおりました。

因みに私の治療法を若杉博士にご覧いただき、“星状神経節ブロック療法と同様に脳の血流を良くしている 頑張りなさい”と励まされました。

博士は240種類に病気を治していますので、私の考案した塚見式耳鍼療法治療法にも同様の効果があるであろう事にに大きく希望を持てるようになってゆくことにとても胸を震わせたことを昨日のことのように記憶してます。

1か月ほど前、患者さん( )が初めてお亡くなりになりました。 心臓麻痺です。安らかなお顔だったそうです。お亡くなりになる2日前にもお会いしたのですがとてもお元気そうでした。若杉博士と同じポックリとあの世に行けたのです。

ご主人からお聞きした時はお可愛そうでとても残念に思いましたが、ご主人から苦しんだ様子はなかったようです。それが一番の救いですと聞かされた時この治療を続けていた結果であると思いました。 この方が治療を始めるときの一番の希望は“元気になりたい!!”でした。

見るからに虚弱そうに見える女性でしたが、治療を重ねるたびに元気になり弱かった胃腸も丈夫になり食欲も出て少し体重も増えベストの体重に戻れました。

花粉症が治り髪も増えお肌も綺麗になりお顔から首・腕・手に目立つシミが数多くありましたがそのほとんどのシミが綺麗になり、夏に着れずにいた半袖でのオシャレができる様になった事をとても喜んでいただきました。

気になっていた腕の大きなシミを以前レーザーで焼いたそうですが、シミが消えたころにはレーザーで焼いた痕が一番目立つようになっていた位でした。

この治療法はアルツハイマーやがんに効果があることを経験しておりますので、健康寿命をまっとうしてポックリあの世に行けるように自分の治療ももっと続けたいと強く思っております。