症例(突発性難聴・耳鳴・難聴・耳管開放・シェーグレン・不眠症・パニック障害・美肌・低体温・便秘・頸部脊柱管狭窄症・低血圧・冷え症・膝の半月板除去手術後の症状を改善する)~67才女性 R氏~

20年前に突発性難聴になりそれから耳鳴りと難聴・耳管開放があります。同じ頃からパニック障害と不眠症もあり安定剤と睡眠薬を常用してます。

初診治療 全身がポカポカ暖かくなり耳鳴りも少し軽くなりました。薬を服用しなくてもよく眠れました。

2回治療 その後薬を服用しても眠れないので安定剤と睡眠薬は中止しました。朝歩いてみようと思えるようになり歩いたところ全身がとても楽になってきました。

4回治療 耳鳴りが小さくなりました。便秘が治りました。

6回治療 薬を止めてからなかなか眠れませんでしたがやっと自然に眠れるようになりました。自然に眠りにつくことがとても気持ちの良い物だということをつくずく感じました。パニック障害の発作も小さくなりました。嬉しいです。耳鳴りも一週間ありません。いっつも35度台だった低体温も36.2度に上がってきました。

10回治療 体温が36.3度に上がりました。膝が痛くていつも椅子からすんなり立てなかったのが、治療後にすんなり立てたので驚きました。 リフトアップして表情が明るくなり目もとも大きくなりより可愛らしくなりました。お肌もより白く肌理細かくなりました。

12回治療 難病のシェ―グレンの症状である口の渇きが少なくなりました。 舌が痛くなくなり気にならなくなり水を飲むっ量も少なくなりました。 前向きに考えられるようになりあちこちに出歩きたくなりました。だんだん明るい考え方になってきました。