新しい治療器で初診治療を受けて 56歳 女性

この方は10年位前に普通の治療器で治療を受け、元気で働けるようになっていた方です。

前回お越しになっていた時に比べとても重い状態になっていました。

当方のカルテの質問の91項目のうち50項目に該当があるとても重い症状の方で、内科や耳鼻科などで多くの検査を受けましたが、なかなか診断がつかず心療内科を紹介され軽度の鬱と診断されたとの事。

1回の新しい治療器での受診で大きく変わりました。

立つとふらついていたのが無くなり首や腕の揺れも無くなりとても楽になりました。

顔色もとてもよくなり目も大きく見開きとても力が入りました。

話し声も治療前はぼそぼそと聞き取りにくかったのが、とても大きく通る大きな声になりました。

前の治療器とは全然違うね!!と驚きと喜びのあふれる様な表情で話してました。