効果の大きな治療器が準備でき 記憶力・集中力・想起力・運動能力アップ等の治療で公開します

22万人の色盲治療を達成した和同会目白メヂィカルクリニック(私が20年間勤務していた)で使われていたのと同じ治療器で多くの疾患にとても大きな効果がある治療器を準備できました。

そこのクリニックでは色盲色弱をはじめダウン症(IQアップ)や自閉症・アスペルガー・ADHD等の発達障害など治療法がないとされている症状や記憶力・集中力・想起力のアップ、つまり頭を良くする治療法にも大きな効果を挙げておりました。 同時に運動能力アップにも大きな効果を発揮してました。

そして、 ウツ・自律神経失調症・アトピーや花粉症などを始めとするのアレルギー性疾患などの免疫系の疾患にも大きな効果を上げておりました。

その治療システムが公開されました。

今回は色盲色弱と記憶力・集中力・想起力のアップと運動能力のアップ治療の為に活用するように考えております。

ご質問などありましたらどうぞお電話でお問い合わせ下さい。    

 料金:10.000円/60分間

症例(ふらつき 慢性胃炎 飛蚊症 に著効) ~68歳 女性 Uさん~

 3年前に急性膵炎で入院。

丸一日意識が無くなったり、歩けなくなったりで大変に辛い思いをし30日で退院。

古くから糖尿病もありました(Hba1c.74)。

また飛蚊症もありました。

. 約10ケ月前に慢性胃炎となり、医者からは慢性だから治りませんと言われた。 数か月前からふらつきも始まりました。

2回治療  ふらつきが少し減ってきました。

3回治療 ふらつきが無くなり、胃の痛みも全く無くなりました。今まで必ず胃が痛い時間が毎日ありましたが3回治療後の約一週間は痛みが全くありません。そのため食欲も出てきて毎日美味しく沢山頂だけてます。

また晴れている日の飛蚊症の量が非常に多くなっているのに毎日快晴の様な晴れの日が続いていますが飛蚊症はありません。

症例(中国から来院 必要だった糖尿病性網膜症の手術が不要になりインシュリンもやめられての帰国)~60代 男性~ 

糖尿病で1995年(今は2014年)に地元の病院で糖尿病性網膜症で右目の手術をしたが失明した。

2014年同じ病院でに左目の手術をすることになったが断ったところ新しい薬(西洋薬)を出されてそれを飲んだところもっと目が見えずらくなる。目の前の人の顔が判断できないぐらいになる。

日本に住んでいる娘さんに伝えた。、娘さんはインターネットでその薬の副作用を調べたところに眼底出血とありました。薬を即中止し日本に呼ぶ。8月末に東京女子医大で検査、現況ではでは手術は必要ですが一か月後の9月の末に再検査をしてから手術をするかどうかを最終決定することとなった。

9月の初めごろ石原クリニックを受診。にんじんリンゴジュースを教わり早速実行。

ほとんど見えていなかった目が少し見えてきました。

其の後父親と書店で私共が掲載されている本と出合う。

ホームペジで“耳の穴モミ”を見て自分でやってみたところその場で目がもっとよく見えるようになり9月末に来院治療。4回治療後再度東京女子医大へ行って検査し手術の必要はありませんと言われるまで改善。

また石原クリニックへも行く。

インシュリンを中止してもよいと言われる。その代り中国で飲む漢方薬の処方箋をもらいました。皆、自宅の周りに生えているものばかりでした。

ちなみに来日した時の HbA1cが9.8で4回治療後の最後にはかったHbA1cが5.2で正常域になってました。

今迄糖尿病の方の治療をしていても4回の治療でHbA1cが4.6下がったケースは初めてです。糖尿病性網膜症の改善は1回目から効果のある方は多くありますが、ニンジンジュースの力も大きかったと思います。

中国の病院では糖尿病の方へ食事のカロリー制限の教育が全くなかったそうですと娘さんが呆れ顔で言ってました。

《此の症状の治療法には美肌効果と発毛効果の効力をプラスしてあります》

 

前述の60代女性の場合(糖尿病) ~対応と効果~

前述の60代女性の場合

血糖値を下げる薬を飲むのと平行して、耳の穴もみを始めました。

暇を見つけては、合計で30分から1時間ほど、毎日耳の穴もみを続け、体はいつもポカポカ温かくなり、1ヶ月後には、目のチカチカやぼやけがしなくなりました。

血糖値も、1ヵ月後から120~130mg/dl台で落ち着いてきました。
ヘモグロビンA1cは、 耳の穴もみから3ヶ月後にガクンと下がり、その後も数値は順調に下がり続け、6.0まで下がりました。

それと驚いたのは、耳の穴もみを始めてから体重が減ったことです。耳の穴もみを始めてから5ヵ月後には、4.5キロも体重が減りました。
※治療回数や効果には、個人差がございます。

症例2(糖尿病・とうにょうびょう) ~60代女性の場合~

血糖値が200mg/dl(基準値は、70~110)、ヘモグロビンA1cは7.8(基準値は4.3~5.5)。血糖値が高いせいか、目に異常を感じ、ときどき目の前に星が飛んでいるようにチカチカしたり、テレビを見ていると、視界にボヤーッとかすみがかかり、物が見づらくなった。

半年間、食事で血糖値を避けようとしたが、効果がなかった。